出口王仁三郎の生涯

このブログは、出口王仁三郎と霊界物語の総合サイト『王仁三郎ドット・ジェイピー』(略称オニド)で配布している『聖師伝~出口王仁三郎の生涯』を転載したものです。 飯塚弘明・責任編集 http://onido.onisavulo.jp/

6 幼少年時代

 喜三郎さんは幼少の頃から「喜三(きさ)やん」と愛称されていましたが、神童だとか、地獄耳、八ツ耳だとか言われたくらい、記憶力がよく、どんなことをきかれても即座に立派な答が出来るので、村人達もみな驚いたということであります。

 喜三郎さんが七歳のとき、父の吉松氏は船岡の産土神社の祭礼に参拝するために、喜三郎さんをつれて生家へ帰って行きました。そのついでに、船井郡雀部の漆さしの家に立ちより、無病息災のためといって、喜三郎さんの腹部へ十数点の漆をさしてもらいました。そうすると、身体一面に漆が伝播してカユくてたまらず、さらに瘡になってしまいました。それがために学齢が来ても学校へ行くことが出来ないので、祖母の宇能子さんが平仮名から五十音、単語篇に百人一首、小学読本と次々に教えられました。それで十歳の春、入学した時には大へん学力がついていました。

 祖母の宇能子さんは、かの有名な言霊学者中村孝道の家に生まれたので、言霊学の造詣がふかく、喜三郎さんは十歳ぐらいの時から祖母の口から厳霊の妙法を説明されて、何時とはなく言霊の研究に趣味をもつようになり、人のいない山や野に行って大きな声で『アーオーウーエーイー』と唱え、時々人に見つかって笑われたり、発狂人と誤られたこともありました。

 喜三郎さんは、少年時代は他の少年らと同じように兵隊ごっこをしたり、川遊びをしたり、相撲をとったりして遊ばれました。

 喜三郎さんは十二・三歳の頃から、おぼろげながら社会の不正に対して疑いを抱かれるようになりました。みるもいぶせき水呑み百姓の伜として、中産以上の児童や百姓や地主から、しいたげられた喜三郎少年の姿は、その「破衣」と題する詩の一節によく現れております。

     破衣

 麦と米とのたきまぜ飯も
   ろくに食えない百姓のせがれ
 足袋は目をむき着物は破れ
   寒さ見にしむ片田舎
 わしの人生はこんなものか
     ○
 愛宕の尾根に白雲かかり
   次第次第にひろがりて
 み空はくらく雨は降る
   農家のせわしき田植時
 夜から夜へと働いて
   聞くも楽しいほととぎす
     ○
 冬の夜霜にふるえてなくか
   声も悲しい寒狐
 こんこんこんと咳が出る
   人の情の薄ごろも
 如何にしのがんこの浮世
     ○
 花は匂えど秋月照れど
   遊ぶに由なき小作のせがれ
 若い時から面やつれ
   営養不良の悲しさに
 からだいためし秋の空
   冷たいうきよの風が吹く
 これでも私の人生か
     ○
 僕の人生はどこにある
   小作の家のせがれぞと
 地主富者にさげすまれ
   父の名までも呼び捨てに
 されてもかえす言葉なし
   待て待てしばし待てしばし
 俺にも一つの魂がある。
(歌集「故山の夢」より)

 今に自分が壮年になったなら、小作階級を救おうと考えられたのは、この頃でありました。貧しい家に生まれながらも、喜三郎少年は何か一つのほのぼのとした大きな希望の中に生長されたのでありました。

5 祖父の再生

 喜三郎さんは七歳になる頃までは山へ行くにも、川へ行くにも隣家へ遊びに行くにも、腰のまがった小さい爺さんが自分のそばについているので、自分の家にはお祖父さんもお祖母さんもいるものだと思っておられました。

 ところがにわかに見えなくなったので、ものを言わぬ祖父さんはどこへ行ったかと祖母に尋ねると、祖母はおどろいて「それは祖父さんの幽霊が、祖父さんは坊の一歳の冬に死なれた」といわれ、こわくなって一人で隣りの家にも遊びに行かなくなったことがありました。喜三郎さんが六歳のとき、過っていろりの火の中にころげこんだことがありますが、その時にもお祖父さんがどこからとも知らず走って来て、火の中からひき出して助けてくれたということであります。

 吉松さんは至って潔癖で、野良へ出て畑を耕すにも、草切れ一本生やさぬようにした人で、たまたま一株の雑草があると、それをその場でぬいて土の中に埋めてしまえばよいものを、わざわざ口にくわえて、東から西まで一あぜを耕し終るまで放さず、あぜの終点まで行ったところでこれを畑の外の野路へ捨てる癖がありました。

 ところが、喜三郎さんの弟の由松さんが生まれた時に、吉松さんの顔にそっくりなので、家の人たちはお祖父さんの生まれがわりであろう。また大きくなったらバクチ打ちになって、両親や兄弟を苦しめるのではないかと心配していました。

 由松さんが四歳になった夏、畑へ父母が草ひきにつれて行って畑の中に遊ばしておきますと、四歳の由松さんは畑の草を引きぬいては口に喰わえ、口に一ぱいになると、畑の外へもって出て捨てるのを見て、いよいよ吉松さんの生まれがわりに間違いないということになったのであります。

 この由松さんは十三・四歳の頃から、そろそろと小バクチを打ち出し、一旦は屋敷も小町田も全部なくなり、小さな家は明治三十四年旧二月、火事にあって財産全部灰にしてしまいました。

4 祖父の性行

 祖父の吉松さんは至って正直で、キレイ好きな人でありました。ただ一つ難病がありました。それはバクチ好きで、サイコロを懐からはなしたことがありませんでした。それがために、祖先伝来の上田も、山林ものこらず売払い、ただ百五十三坪の屋敷と破れ家と、三十三坪の買い手のない悪田が一つ残っただけでした。吉松さんは、死ぬ時もサイコロをはなさず、死んだらサイと一しょに葬ってくれといったそうであります。吉松さんは、

 打ちつ打たれつ、一代勝負、可愛いサイ(妻)子にこの世で別れ、サイの川原でサイ拾う、ノンノコサイサイノンノコサイサイ

と辞世を残して死んで行ったような、ノン気な人でありました。家内が困ろうが、借金とりが攻めて来ようが、相手さえあれば朝から晩までサイをころがしていたということです。

 こういう風ですから、先祖伝来の家屋敷もだんだんなくしてしまいました。そこで祖母の宇能子(うのこ)さんがおそるおそる諫めると、吉松さんのいうことがふるっているのです。

「お宇能よ、あまり心配するな、気楽に思うておれ、天道様は空飛ぶ鳥でさえ養うてござる。
 鳥や獣は別に明日の貯えもしておらぬが、別に餓死した奴はない。
 人間もその通り、飢えて死んだものは千人のうちに、ただの一人か二人くらいのものじゃ。千人のうちで、九百九十九人までは食い過ぎて死ぬのじゃ。それで三日や五日食わないでもメッタに死にやせぬ。
 ワシもお前の悔やむのを聞くたびに胸がヒヤヒヤする。けれどもこれも因縁じゃとあきらめて黙って見ていてくれ。止める時節が来たら止めるようになる。
 ワシは先祖代々の深い罪障をとり払いに生まれて来たのだ。一たん、上田家は家も屋敷もなくなってしまわねば、よい芽は吹かぬぞよと、いつも産土の神様が枕もとに立って仰せられる。
 一日バクチを止めると、その晩に産土さまがあらわれて、なぜ神の申すことを聞かぬかと、大変な御立腹でお責めになる。
 これはワシのジョウ談じゃない。真実真味の話だ。そうせなんだら上田家の血統は断絶するそうじゃ。
 ワシも子供ではなし、ものの道理を知らぬはずはない。やむを得ず、上田の財産をつぶすために生まれて来ておるのじゃ。
 大木は一旦幹から切らねば、若いよい芽は生えぬ。その代りに、孫の代になったら世界の幸福者になるそうじゃ。
 これはワシがムリをいうと思うてくれるな。とうとい産土の神さまのお言葉である」

 こういって吉松さんは産土の森の方にむかって拍手するというようなわけですから、宇能子さんもあきらめて、その後は一言も意見らしいことはいわれなかったということであります。

このページのトップヘ