出口王仁三郎の生涯

このブログは、出口王仁三郎と霊界物語の総合サイト『王仁三郎ドット・ジェイピー』(略称オニド)で配布している『聖師伝~出口王仁三郎の生涯』を転載したものです。 飯塚弘明・責任編集 http://onido.onisavulo.jp/

27 世界紅卍字会との提携

 大本が中国の新しい信仰団体たる道院(その活動団体を世界紅卍字会という)と提携することになった動機は、大正十二年の秋の関東大震災の時のことであります。

 道院では扶乩(フーチ)という神示にしたがって活動しているのでありますが、この大震災のおこるべきことについては、あらかじめ示されてあったので、紅卍字会中華総会は幹部の侯延爽氏の一行を東京に派遣して、米二千石と銀五千ドルを贈りました。

 扶乩には「日本に行けば道院と合同すべき教団がある」とあったので、侯氏は東京の見舞をすまし、あちこちとさがして天理教の本部へも行ってみましたが、扶乩に示されたものではなかったものですから、一まず帰ることとし神戸へ立寄った際、ふと眼についた新聞記事――それも大本を悪罵した記事ではあるが、読みゆくうちに何となく道院と関係があるように直感し、十一月三日綾部に行き二代教主と会見、そして四日、聖師と会見して、ここに二つの団体は相結ばれることになりました。

 ついでにここで道院の起源について述べておきます。孔子を出した山東省の首府済南から東北約七十里のところに浜県というところがあります。大正五六年のころ、その浜県知事の呉福森という人と当時浜県の駐防営長劉紹基という人が二人で、県署の尚真人をまつる大仙祠で神壇をもうけ、神仙聖仏の降臨をあおぎ神託をうけていました。

 尚真人というのは、唐の紀元後第一の甲子八月朔日に生まれ、のち宋の天佑二年二月二日化身し、宋が南に移ってのち、第一甲子の年八月朔日成道して仙籍に入ったといい伝えられています。ある日、尚真人が神壇に降って左の意味のお示しがありました。

 「老祖久しからずして世にくだり劫を救い給う。まことにこれ数万年あい難きの機縁なり。汝ら壇を設けてこれを求めよ。」

 この老祖というのは、至聖先天老祖と申し上げ宇宙の主宰神であります。

 道院においては、老祖を至尊至貴の神として奉斎し、その下に万教同根の真理にもとづいて、老子(道教)釈迦(仏教)キリスト(基教)マホメット(回教)項先師(儒教)の五大宗祖をまつっています。

 道院の設立は大正十年旧二月九日で、済南道院は各道院の母体として母院と称し、北京の道院を総院と称えていました。

 扶乩は昔から中国に伝わる神示の形式であります。道院の人々はこのフーチに示されたことを、神示として絶対に信じています。

 このフーチには乩筆というものがあって、木製の周囲約二寸、長さ三尺余の丸い棒で、その中央に五六寸のサキのとがった棒をとりつけた、つまりT字形になった長い棒であります。二人の人がいて、一人は右手で、いま一人は左手でこの棒の両端をもって、中央に沙盤の中に盛られた白い沙の上に、中央の五六寸の棒のさきで文字を書くのであります。沙盤というのは三尺ばかりの正方形の深さ二三寸の木箱であります。これは自動書記の形式で書かれるもので、「巫」という文字はフーチの象形文字であります。「靈」という字も、雨は天(神)を表し、口三つは神前に供える三宝、その下に巫という形になっているものです。

 このフーチによって神示を仰ぐのは神前において行われます。そうでない場合は別に神座を設け燈明を点じ香をたき、神饌をささげます。これを壇ととなえ、壇における神示を壇訓と申します。これに奉仕する人々は実に敬けんな態度で、役職の順に壇にむかって神前に礼拝し、纂者(乩筆を支えもつ二人)が精神統一の状態に入ると、乩筆がおのずから動いて、沙盤の沙の上に文字が書かれるのであります。文字は纂者からみれば横になって現われ、沙上に書かれた文字を読み上げる人を宣者といい、これを記録してゆくのですが、記録する人を録者とよんでいます。その文字をつづり合せるとリッパな文章になっており、その書かれる速度は、普通一時間に千五百字から二千五百字ぐらいであります。沙上の文字は読み上げられるごとに、纂者によって板で消されてゆくのであります。

 降臨する神霊は、老祖をはじめ五大教の宗祖その他諸神仙聖仏で、最初にいかなる神霊の降下されるかが示されて、それから神示が出るのであります。

 かくして世界紅卍字会との提携によって、大本の世界的発展は着々とすすみ、翌十三年三月六日神戸市に、まず神戸道院が設立されることになりました。

 ちなみに、世界紅卍字会は、当時華北から満州にかけて特に信者が多く、中産階級以上の信者約六百万と称せられ、中国における最も有力な信仰団体でありました。

26 エスペラントとローマ字の採用

 「いまや自己の運命を自覚している新しい人類の最初の仕事は、万人に共通なる言語を採用することでなければならない」──こうロマン・ローランがいっているように、国際補助語の問題は、解決すべき人類の諸問題の中で、もっとも重大なものの一つであります。

 聖師は大正十年の秋、世界平和の精神的土台となるべき「霊界物語」を発表されるとともに、第一に着手された仕事は、国際補助語エスペラントとローマ字の採用でありました。これは何でもないことのように考えられるかも知れませんが、大本の歴史の上からみて、最も特筆すべきことの一つでありました。何故かと申しますと、第一次大本事件以前の大本の信仰思想は、排外的の国家主義であったからであります。大本神諭には一見外国ぎらいのように解釈される文字が、いたるところに散見されますので、横文字などを読むものを、外国魂扱いにして卑しんでいたものであります。これなども神諭の真精神を曲解したおそるべき傾向の一つでありました。そうしたかたくなな信仰思想は霊界物語の発表とともに漸次修正されてはいましたが、聖師のエスペラントおよびローマ字の採用は、当時の大本に革新的な空気を注ぎ入れました。

 大正十二年七月、聖師は京都同志社大学の学生重松太喜三氏を招へいして、綾部において一週間講習会を開き、みずから講習をうけ、エスペラントを奨励されたので、エスペラント運動はすばらしい勢をもって燃え上りました。まずエスペラント普及会を設けて雑誌「ヴェルダ・グローロ」(緑の光)を発行されることになりました。のちにこの雑誌は「ヴェルダ・モンド」(緑の世界)と改題され、全国各地に支部をおき活動したのであります。聖師はさらに初学者のために「記憶便法エス和作歌辞典」を著されました。公定語三千六百を選んで、それを和歌に読みこみ、その辞典を十五日間で完成されました。

 エスペラントが採用されると、日本の有名なエスぺランチストがつぎつぎに綾部をおとづれるようになり、また大本からも各地でひらかれるエスペラントの会合に出席して、エスペラント運動はたちまち全国の信者の間にひろがりました。

 一方ジュネーヴ市の万国エスペラント協会の機関紙「エスペラント」誌上に大本運動の簡単な紹介記事が載せられましたところ、各国のエスぺランチストたちからさかんに大本について照会の手紙が参りました。大本ではエスペラント採用後まもないことでありましたが、大本のあらましをパンフレットにまとめ、世界四十八ヵ国のエスぺランチストや団体あてに発送しました。世界にはエスペラントの新聞雑誌がいろいろ発行されていますが、それらの新聞雑誌は一斉に大本を紹介しました。また、それが各国語に翻訳されるというわけで、大本運動はエスペラントを通じて、素直に欧米に紹介されたのであります。

 本部では海外宣伝部をおいて、エスペラントによる"Oomoto"(大本)という月刊雑誌を発行しました。

 聖師はエスペラントを採用されるとともに日本式ローマ字を採用されました。ローマ字論者は国字をローマ字に改めることを主張しているのでありますが、聖師がローマ字を採用されたのは、必ずしもそういう意味ではなかったようであります。国語の復活に役立つということと、日本語を世界にひろめるには、ローマ字画気書きがよいということであったと思います。

 日本の七不思議の一つは、国語を死語としたこともない代りに、国語を復活したこともないことであります。むかしから言霊の幸う国といわれていながら、今日ほど国語が複雑乱脈を極めている時代はないのであります。新聞、雑誌、ラジオ等で不純な国語に接した人は、国語をもっと正しく、美しく、豊かに、統一あるものにしたいと願うでありましょう。

 聖師はここに眼をつけられて、大正十二年十月ローマ字普及会を設立し、各地に支部を設け、機関誌「言葉の光」"Kotoba no Hikari"を発行して、ローマ字運動をひろめられました。

25 霊界物語の口述

 第一次大本事件が起ったことは、神の経綸によるものだということは出来ましょう。しかし、それは神の大慈大悲の御眼から御覧になられた上の観方であって、人間としていうべきことではないのであります。大本の役員信者としては、この事件によって反省しなければならないのであります。

 大本事件の原因は上述して来た通り、いろいろな原因をあげることが出来ますが、その原因の一つとして大本神諭の解釈の問題があったと思います。

 もともと開祖の筆先は平仮名で卑近に表現されているもので、どんな人にも理解し得られるのでありますが、それは読む人々の心相応にとれるのでありまして、その真意を汲みとることは、神心にならなければできるものではありません。

 ちなみに「筆先」と「神諭」との区別を申しますと、開祖が書かれた神示を「筆先」といい、その筆先を聖師が調べて発表されたものを「神諭」とよばれているのであります。

 開祖の筆先の真解者は聖師であることは、筆先の中に明かに示されているのですが、大正十年の事件前までは、役員信者が各自独断的な解釈を下していた時代であります。

 これはひとり大本ばかりでなく、すべて宗教の教典が正しく理解されていれば結構でありますが、一つ解釈を誤った場合には多くの人々をまどわし、時には社会に害毒を流すことさえあるのであります。

 大本においては神諭の解釈について、いろいろな問題が起ったことがあります。開祖の筆先に「道の中ほどを歩いてくだされよ」という意味の筆先がありますが、或る信者は、神様が道の真中を歩けといわれるからといって、大手をふって往来の真中を歩いて行ったという話があります。向うから牛車が来てもどかないので、牛車をひいている人が、これは気ちがいだと思って道をよけると、その信者は得意になって「どうだ、やっぱり神様のおっしゃる通りにしておれば、牛車の方が道をよけてしまう」といって威張っていたということです。こんなのは罪のない脱線で、まだ笑い話ですますことは出来ますが、事柄によっては、笑い話ですますことが出来ない場合があります。

 筆者はかつて神諭に国祖国常立尊が隠退され「口惜し残念をこばりておりた」とか「今に艮の金神が返報がえしをする」とかいう意味のことが示されていましたので、その意味について聖師におうかがいしたことがありました。いやしくも国祖ともあろう神さまが、自分を押しこめた神々に対して報復するというようなことが、どうも合点がいかなかったからであります。その時、聖師は「わしは今にみんなを喜ばして返報がえしをしてやるのだ」といわれました。なるほど神諭は人間心では、わかるものではない、神心にならなければ、解釈することのできるものではないと、しみじみ思わしめられました。「返報がえし」といえば、われわれは直ぐにカタキをうつような意味にしか、とらないのであります。地獄的な意志想念をもって神諭をいただけば、それ相応にしかうけとれないので、たとえていえば、ちょうど鏡のようなものであります。鏡にむかう時、そこに映るものは自分の姿であります。神諭には自分の心の姿が映るのであります。

 聖師は大本事件によって京都未決監に収容されていましたが、責付出獄となって百二十六日ぶりで綾部に帰られました。そして大正十年十月八日(旧九月八日)「明治三十一年の如月[※2月]に神より開示しおきたる霊界の消息を発表せよ」という神命によって、いよいよ十月十八日から「霊界物語」の口述を開始されることになりました。

 聖師は二十八歳のとき、郷里の高熊山で御修行中に見聞されたことを、記憶より呼びおこして口述されることになったのであります。この物語は聖師が大本に入られ、明治三十二年七月から明治三十三年八月にかけて一度筆をとり、二三の熱心な信者にのみ閲覧を許されていたことがありますが、当時聖師に反対する人々によって焼きすてられてしまいました。その後、大正十年「神霊界」誌の二月号、三月号に一部が発表されました。

 物語は普通聖師の口述されるのを、そばに数名の筆録者がいて、これを交替に筆記するのであります。口述は聖師が床に横たわりつつ行われるので、手もとに参考書も何もあるわけでなく、霊感状態とでもいうのでありましょう、こんこんと泉の水が湧き出づるように進められて行きました。最も速い時には、四六判三四百頁の書物が、わずか二日で口述されたものであります。

 口述は十月十八日から綾部町並松の松雲閣で始められましたが、ちょうど十月二十日から本宮山の神殿が、当局の手によって破壊されることになり、京都から数十名の警官と五十余名の人夫が来て破壊蹂躪しました。聖師は神殿破壊の物すごい音を聞きながら、松雲閣の一室で「霊界物語」の御口述を進められたのであります。

 この書物は大本神諭の真解書ともいうべきもので、大部分は物語の形式でのべられたものであります。霊界物語の霊界とは霊妙な世界の物語という意味で、顕(現実界)、幽(地獄界)、神(天界)の三界を総称していったものでありますから、現世のことも記されております。この霊界物語が最後の審判書であります。

 聖師は「最後の審判は、閻魔大王が罪人を審くと同様なる形式において行わるると、考えている人が多いようだが、それは違う。天国に入り得るものと、地獄に陥落するものとの標準を、示されることである。その標準を示されて後、各自はその自由意志によって、自らえらんで天国に入り、あるいは自ら進んで地獄におつる、それは各自の意志想念の如何によるのである。

 標準とは何か。霊界物語によって示されつつある神示そのものである。故に最後の審判は、大正十年十月より、既に開かれているのである」と示されております。

 霊界物語は全八十一巻、「霊主体従」(十二巻)、「如意宝珠」(十二巻)、「海洋万里」(十二巻)、「舎身活躍」(十二巻)、「真善美愛」(十二巻)、「山河草木」(十二巻)、「天祥地瑞」(九巻)にわかれ、量の上からいっても、世界における著述の中でも稀にみる大部のものであります。

 その内容にいたっては、天地剖判から人類の発生、神界の組織経綸、神界の葛藤、悪魔の陰謀、国祖御隠退の経緯、救世神の御活動、神と人との関係、死後の生活、人生の本義、愛善信真の大道、みろくの世の建設、政治、経済、教育、芸術、科学の大本など、人類にとって必要欠くべからざる教が、物語の形式によって示されております。聖師はこの物語においてわれわれにむかって説示せられるのに、直接「こうせよ」「こうするな」とは命令しておられません。われわれは聖師の示された形式に従って、素直に考えて受けとればよいのであります。現代人はいわゆる「お説教」には反感をもつものであります。

 キリストがいま生きていたら、きっと面白い小説を書くであろうといった人がありますが、聖師は教典に立派な芸術的表現を与えられたのであります。それ故、敬虔の心を持して読ましていただくならば、人々にとってこの上もない霊性の糧であり、霊感の源泉となる神書であります。

このページのトップヘ