出口王仁三郎の生涯

このブログは、出口王仁三郎と霊界物語の総合サイト『王仁三郎ドット・ジェイピー』(略称オニド)で配布している『聖師伝~出口王仁三郎の生涯』を転載したものです。 飯塚弘明・責任編集 http://onido.onisavulo.jp/

21 神苑の拡張と造営

 聖師が大本入りをされてから間もなく、開祖に神がかりされた艮の金神の金と、日の大神、月の大神の月日を合せて、金明会(きんめいかい)という会を組織しておられましたが、明治四十一年八月一日に大日本修斎会と改称し、それから「本教講習」「直霊軍」などの宣伝機関の雑誌が発行されました。

 さらに聖師は神教宣布にあたって、言論機関の整備の、特に大切なことをお考えになり、「敷島新報」を創刊し、聖師みずから印刷所において活字を拾われたり組まれたりされました。

 また明治四十二年十一月二十二日弥仙山(みさんざん)から国常立大神の神霊を奉迎し、翌四十三年神苑の拡張造営が始まり、大正三年には西のお宮、金龍殿が建ち、ひきつづき金龍海の工事がはじまりました。金龍海というのは、神苑内の大きな池で、池の中には大八洲、沓島、冠島、六合大島、矢的島などが造られたのであります。

 すべて工事は聖師のお指図どおりに着手されましたが、綾部の町の人々は、「大本ではあんなところへ大きな空池を掘っているが、一体水はどうするつもりだろう」といっておったのであります。献労奉仕をしていた信者自身にも腑におちかねていたのですが、工事はぐんぐん進められました。

 その時、綾部町の下水へ落す水道の話がもち上りまして、雨降りの時などに余水を調節する必要上、大きなタンクをつくらねばならぬことになったのでありますが、予算がないので行きなやんでいました時に、大本の神苑内に空池があるから、それを使わしてもらったらよかろうというので、町から大本へ交渉がありました。こんなわけで、第一期の土木工事がすむと、水がまんまんとたたえられ、すべてのことがキチリキチリと箱さしたように進んだのには、町の人も信者も敬服したということであります。ひきつづき大正四年に第二期の工事、大正五年に第三期の工事というように進んで行き、完成したのであります。

 すべて大本の造営工事は、神命のまにまに始められるのでありまして、世間のように予算があって始めるのではないのでありますが、それが箱さしたように運ばれてゆくのは不思議なくらいであります。

20 聖師の苦闘

 この間における大本の役員たちの聖師に対する反対、排斥、圧迫はとても口や筆で言いつくすことは出来ないのでありまして、今から考えると、そんなバカバカしい、理不尽なことが果してあったのであろうかと疑われるくらいのものであります。

 当時の役員たちは、開祖の筆先の上よりみて、聖師の肉体は神業のために必要なので追い出すことは出来ないが、その肉体にやどっている守護神が、小松林命という四つ足の悪の守護神であるという風にとっていたのですから、聖師に対してさまざまな無礼をしたものであります。聖師に塩をふりかけたり、タンツバをかけたり、しまいには六畳敷の一室に入れて一挙一動を監視するというようなことになって来ました。或る時は四方春三以下十人ばかりの役員が、暗殺隊をつくって待ち伏せていましたが、聖師に機先を制せられて逃げ帰り、開祖から叱られたようなこともありました。

 「開祖は経の教えを説かれる役、聖師は緯の教えを説く役」であると説明しても、役員たちは信ぜず、聖師はほとほと困られたのですが、聖師は役員たちにむかって、

 「君らは開祖様の御馳走される糞尿と、私が御馳走する飯と鯛とどちらをとるか」
と聞いてみると、一人の役員は

 「開祖様の糞尿ならありがたく頂戴する」
というので、これでは到底ダメだと考え、聖師は大阪の内藤七郎氏方へ行かれたことがあります。

 その後、用が出来たので、聖師は洋服を着て綾部へ帰られました。一同は聖師の行方を探していたので、聖師の帰って来られたのを喜びはしたものの、またまた小松林の四つ足の悪の守護神呼ばわりをし出し、洋服を着たり皮のカバンをもつなどということは、外国のヤリ方だというわけで、洋服はひきむいて雪隠へほうり込む、鞄はどこかへ片づけてしまいました。そしてどこへ行くにも張番をしてついてくるので、たまらなくなって出て行こうとするけれども、出してくれず、しいて出て行こうとすれば、「これでも行くか」といって四・五の役員らが出刃包丁をもって切腹しようとするのです。おどかしでなく本気なのだから、手がつけられず、仕方なしに往生して一ヵ年ばかりまた腰をすえることにされました。

 また聖師が苦心して書かれた書物を役員たちは、ことごとく焼きすて、神という字はモッタイないといって、一々神の字だけを切りぬきました。その切り抜いた神の字だけが、蜜柑箱に数はいあったということであります。その中で残ったのが現在の「道の栞」、「道の大本」、「筆のしづく」などであります。

 一室へおしこめラれ手、代る代る張番をして自分の自由にならぬので、古事記を研究しようとすると、そんなコジキの学問なんか、釈迦の真似などすることは要らぬといってとり上げてしまう。それじゃ日本書紀を読もうというと、日本書紀ならよかろうというわけでしたが、その本を見てこれは角文字ぢゃないか、大本は横文字や角文字はいかん、いろは四十八文字で世を開くのだというので、とり上げて焼いてしまうという始末です。仕方がないので、フトンをかぶって豆ランプの火で調べものをしたり、筆を執ったりされました。

 聖師は大本の役員連中が目をさますまで、一時大本を去っている方がよいとお考えになりまして、明治三十九年から四十年まで大本を去られました。聖師は三十六歳の時、明治三十九年旧七月二十二日京都の皇典講究所へ入学され、明治四十年旧二月十八日に卒業されました。

 聖師は建勲神社の主典に補せられ、その後、御嶽教の副管長を務められましたが、聖師が大本を去られてからは、役員信者は一旦チリヂリバラバラになって、大本は火の消えたようになってしまいました。

 しかし、聖師は多年にわたる研鑽の結果、今まで疑われていた筆先の真意の了解がつきましたので、明治四十一年にほかの仕事を全部やめて、綾部にお帰りになられましてから、再び大本は勢よくひろがって行ったのであります。

19 聖師と筆先

 話は元にもどりますが、聖師は二度目に大本に来られてから、本町の西村庄兵衛氏の離れ座敷で、筆先をしらべておられましたところ、どことなく不可解な箇所が日々に発見されてくるようで、筆先を絶対に信ずることが出来ませんでした。当時の煩悶を聖師は次のように書いておられます。

 「私は非常な煩悶をおぼえ、ついには神諭を見るのがいやになり、到底我々の信仰に適しないものと断定して、綾部の地を立ち去る考えをおこしておりますと、出口開祖様から、お筆先が出たから上田さんに一読を願いたいと、使いの人に持たせて送られましたから、また例のくだらぬ神諭じゃなと、心中いささか軽侮の念で拝読すると、上田は神界の経綸で神がひきよせたのじゃ、出口直の末子の澄子と神約がむすばれてあるから、出口家の世つぎとなって、大本の教えを開くべきものじゃ、との神諭であります。

 私はこれは全く開祖の神経で、こんなことを書かれるのであろう、と一笑に附しておりました。……おまけに、私が高熊山の修業中に、なんじ今後十年の間は修業の時機なり、大なる悪魔と戦い神の試験に合うべしと、神人より教えられたる先入思想が時々勃発して、開祖はいよいよ神人より教誡されたる悪魔に相違あるまい。万々一あやまって悪魔の捕虜となって開祖を信じ、かつ不可解至極の神諭を天下に流布して、多数人の霊魂を汚読し、迷妄に落すようなことがあっては、それこそ天地いれざる大重罪悪ではあると思われてならぬ。放火や殺人や強盗などは重罪ではあるが、その罪悪にはかぎりがあるが、思想上の犯罪は山野を焼く火のごとく無限である。折角結構な日本国に、しかも聖明の御世に生をうけたる幸福なる身魂でありながら、邪神の捕虜となり、大切なる大神様の御子まで邪道にみちびくようなことになっては、永遠無窮の大犯罪を重ねるので、この上の恐ろしきものはないと考えました。……」

 大本の歴史の上で、誰しもはじめ不可解に思うのは、筆先に「男子と女子との戦いで、世界にあることを大本の中で見せてある」という事実にぶつかった時でありましょう。

 この男子というのは、筆先に変性男子(へんじょうなんし)(女体男霊)とあって開祖を指したものであり、女子とは変性女子(へんじょうにょし)(男体女霊)とあって、聖師を指されたものであります。聖師の書かれた文章からみれば、開祖を疑い、筆先を疑って非常に煩悶されたことは明かでありますが、内心ひとり煩悶しておられたのではなく、開祖との間に神がかり状態で、はげしい争いとなってあらわれたのであります。

 神がかり状態が鎮まりますと、開祖と聖師とは実に仲がよく、開祖は聖師を頼りにされますし、聖師は開祖を大切にされました。

このページのトップヘ