36 御昇天

 越えて昭和二十三年一月十八日朝、突然御容態が悪化し、駆けつけた四人の医師たちによって余ほどの御重態であることが発表されました。

 本部は、折から静岡方面に巡教中の委員長出口伊佐男氏宛に打電し、出口家の人々全員は枕頭にあつまり、ひたすら看護につくされました。全国の各連絡事務所、会合所へは聖師の急変が報ぜられ、本部では奉仕者、亀岡、綾部在住信者一同によって御平癒祈願が行われました。

 しかし、ついに昭和二十三年一月十九日午前七時五十五分聖師は夫人のお手に抱かれて静かに御昇天になられました。享年七十八をもって、ここに波乱重畳の御生涯を終られました。

 一月二十日招魂祭、二十一日御納棺、二十八日告別式が行われ、御霊枢は三十日の深更午前一時天恩郷を出発して十五里の道を役員信者たちによって綾部へお移しされました。そして御霊枢は彰徳殿に安置され、二月二日午前九時より御葬祭が執行され、奥津城は天王平に開祖の奥津城と並んで建てられ、ここに瑞霊真如聖師は永久に鎮まり給うことになられたのであります。